社長の偉くないお言葉

社長の偉くないお言葉 詳細

社長が先日の介護施設の男性ヘルパーについて言及しています。


弊社の社長である飯島 五朗が、先日の老人施設での転落死の件を受け、

珍しく介護施設の男性ヘルパーについて言及していました。

 

昔は介護施設の男性ヘルパーというのは、いわゆる苛められっ子気質の人間が多かったんだ。

楽な仕事じゃないから、我慢して人の役に立ち、人を救いながら自分も救われたいと深層心理で考えている奴が。

それが時代が変わって、今じゃ苛めっ子が介護ヘルパーの立場に入って来るようになった。

今回の施設は所詮、氷山の一角でこれから更に現場の過酷な状況・働く人の雇用に関する問題が出てくる。

施設のヘルパーは楽な仕事じゃないし、お給料も安いんだから、普通の男じゃ長く続けるのは難しいんだよなぁ。

一般的に女の人が寿退社するのに、男が寿退社するような業界なんだから、このままじゃ生活できないって。

仕事は大変・給料は安い・休みも不定期、この先さらにお給料が下がり、

それじゃヘルパーが足りないのは当たり前のことじゃないか、誰でもわかるだろそんな事。 

 

すごく共感する部分もあるんですけど、変わり者の社長なのであまり気にしないで下さい。

変わり者の多い家政婦協会の中で、特に変わり者で目立つ人ですので。

社長に面会なさりたい方は、人材バンクまでご連絡下さい。

いないと思いますけど・・・・(-ω-;)ウーン

  • facebook